うぐいすの音

中1の女子が運営しているブログ。本のレビューなどしていきます。

運動会のいい面 悪い面

ついこの頃、私の中学校では運動会が行われました。その感想をお届けしたいと思います。

 

f:id:chirpspring:20180521075631j:plain

 

運動会は元々苦手なのですが、今回また体験してみて、いい面と悪い面が見つかりました。

 

 

まず、悪い面からいきます。

 

一番にくるのは、圧倒的に運動会に使う時間が長いという事です。

最初の方は、二日に一時間や、一日に一時間と少ないので、まだ許せます。しかし、運動会の一週間前などは、ひどい時は五時間あるうちの五時間だとか、六時間あるうちの四時間だとかでした。

 学校は、行進の仕方について延々と話すのが生徒のためになると思っているのでしょうか?そもそも、学校とは生徒を育てる場であって、三十度近い気温の中一日中外にいさせるというのは、学校自体の目的とは離れているのではないでしょうか。

 私は、何時間も外にいて気持ち悪くなるよりは、普通に教室の中で勉強したいです。それが身になるとも思います。

 そのような理由から、学校は運動会で時間を使いすぎていると思いました。

 

 他には、軍隊のようで気持ち悪いなどの理由があります。まあまとめると卒業式の批判とほぼかわりません。

 

chirpspring.hatenablog.com

  

 

では、良い所にいきたいと思います。

 

私は、受験はせずに普通の公立校に行きましたが、中には受験をした友達や他の中学に行った子もいます。運動会というのは一つの行事なので、そういう人たちに会いやすくなります。中には、私たちに姿を見せずにのぞいて行った人もいたそうですが、やはり離れていた友達と会えるのはうれしいです。

 他にも、これは個人的な理由なのですが、私はどうやら友達を応援するのが好きらしく目撃者(父)の話によると、暑い中、身を乗り出して応援していたそうです。 私の他にも応援している人はたくさんいたので、そういう人は多いのかなと思いました。

 

 温故知新という言葉は、よく言われていますが、その言葉を運動会にも使ってほしいなと思いました。いい所は残し悪いところは直す、そのことばが実現された運動会を見てみたいです。