うぐいすの音

中2の女子が運営しているブログ。本のレビューなどしていきます。

オタクって素晴らしい?

 今回は、ちょっと自分を出してみようかな~と思っています。

とつぜんですが、あなたの近くにもオタクっていますか?いっぱいいるという人もまったくいないっていう人もいると思います。

 あなたはオタクをどう思いますか?

素晴らしいと思うという人は、私の意見を読んで賛成したりあなたの意見との相違点を探したりして見てください。

変な人なんじゃないって思う人は私の意見を読んでこんな意見もあるんだって感じてください。

別にどうともという人は、私の意見を読んで自分はどうなんだろうと考えてみてください。

 

 本やネット上では、オタクって気持ち悪いとか、変とかいう人がいたりします。でも、それって本当にそうなの?

 確かにオタクの中にはあなたにとって気持ち悪い人もいるかもしれないけど、すべての人がそうなわけじゃないんです。

 私も、オタクの友達がいるし、私にもオタクのようなところがあります。オタクでいるということは、何か一つの物に対して集中できるということになるので、それは勉強にも運動にもなんにでも役立ちます。つまり、オタクはいろいろなことを達成させられる可能性が高いんだと思います。

 私がこんなことを書きだしたのは、私の近くにもオタクが多いからです。私は、オタクというよりはファンというか重度は低いんです。だけど、少女時代から始まり、歴史(これでオタクっていうと父と弟に叱られます…)、TWICE、など、色々なものに興味を示しています。その一部が中学校に行ったときに同じ趣味をした人と話せるようになりました。それでも、オタクに偏見を持つ人たちもいるので、オタクについての中傷も聞くときがあります。

 

 でも、考えてみてください。もしもオタクがいなければ、学者のほとんどはいなくなります。発明者のほとんどもいなくなります。つまり、世界はものすごく不便になっていたはずです。上記の通り、オタクには色々なことを達成できる人が多いので、オタクのおかげで世界が良くなったともいえるでしょう。

 というかオタクがいないと、例えばグッズやパソコンなど、専門性が少しでもあるものは、オタクによって産業が成り立っている面もあると思うので、そこまでの力を持つ人たちをけなすのはおかしいと思います。

 それに、自分はオタクではないと思っている人も、オタク的面はほぼ全員が持っているのではないでしょうか。多くの人は何かに興味を持っていると思います。それにもっと興味を持っている人たちがオタクと言われるわけです。

 

 まとめると、

  • 何か一つの物に対して集中できる
  • 色々なことを達成できる(発明や研究など)
などの条件を満たす人々がオタクと言われているわけです。そして私は、それらが馬鹿にされているのは嫌だなと思ったわけです。
 
 以上が私の語りたかったことです。さいごまでお読みくださりありがとうございました。なんかうまくまとまりませんでしたね…(汗)
 皆さんはどのような意見をお持ちですか?