うぐいすの音

中2の女子が運営しているブログ。本のレビューなどしていきます。

チームワークのメリット・デメリット なんでチームを組むの?

今回は、学校で生きていく際にさけて通れないチームワーク(班活動)について書こうかなと思います。

私は小学校と中学校を体験しましたが、どの教科でも必ずグループ学習はありました。でも、グループ学習と聞くと嫌な顔をする人もいるし、なんでそんなに良く班活動をするのかなと思いました。

 私は、計画を立てたりするのが好きなので、チームワークの際はよくリーダーになります。自分からリーダーになることが多いので、チームワークはたいてい楽しいです。

 

 そもそも班活動ってなんでするんでしょう?
私は、個々の考えを集めることが理由だと思います。それに、修学旅行などは、動きが制限されないよう班活動なので、それに備えてチームワークを作っているのだとも思います。
 チームで何か考えたりすると、新たな視点から物事を考えたりできます。今まで思いもつかなかった方向からの指摘、アイデアのおかげで、どんどん考えが洗練されていき結果的にその解答の質は高くなります。一人だと解けない問題も、「三人寄れば文殊の知恵」というように、同じく分からない人達と考えるとなぜか解ける事があります。
 そして、なんといっても大きくなったらいろんな人と付き合っていかなければいけません。その時に、チームワークの経験がなかったら、どうなるでしょう。学校なら一匹狼でもまだ何とかなりますが、社会に出たら苦労は必須だと思います。
 つまり、メリットは
  1. 解答の質が上がる
  2. 0の状態から答えが導ける
  3. グループでの立ち回り方が学べる

の三つかなと思います。

 

しかし、周りを見ているとチーム学習が嫌だという人もいます。その人たちになぜか尋ねたところ、

  • その教科が嫌だ
  • メンバーが嫌だ
  • 一人でやりたい
という理由から嫌と言っている人が多かったです。
 それぞれ納得できるところはあります。学校の授業でも、どう考えてもチームワークの必要性がないところ(教科書を見れば一発でわかる簡単なところなど)で、チームにさせ、時間がどんどん無くなる授業などもあります。それに、その教科自体が嫌いだとしっかりやろうという意欲もそがれ、やりたくなくなります。それだと、いくら楽しいチームワークも楽しくなくなります。
 それに、チームメンバーの中に嫌いな人がいると、その人の意見を肯定できず、質が上がることも少なくなります。
 一人でやりたいといった人は、聞いた中では成績がいい方の人でした。自分でこれまでワークをやったりしていたから、みんなとやるとよけいに考えが乱れて集中できないという意見でした。
 実は私も、『学びあい』にあうまではこれに近い考えでした。『学びあい』では、自分の課題が終わった人から自分の名前が書いてある磁石を移すやり方だったのですが、最初のころ私はまず自分で課題をやった後、終わっていない人の手伝いをしようという考えでした。でも、それだとせっかくクラスで『学びあい』をやっているのに意味がないと思い、ほかの人と課題をやるようにと変えていきました。

  (学びあいについてはこちら参照↓)

chirpspring.hatenablog.com

  チームワークは、学校では最悪無視すればやらないことができます。でも、これからも無視し続けることができるでしょうか?一人でやった方が早いし正確ということもあるけれど、多くの意見がある方がいいときもあります。

 私の学校では、そろそろ社会科見学があります。その時は、班での活動になります。行く場所を決めるときはもちろんチームでの活動となります。これまでのチームワークが良ければ、すぐに決めることができるし、悪かったらいつまでも決まりません。そういう時に、無視はできません。してもいいけど意見があっても反映されません。自分の意見を聞いて、相手の意見も考慮して、折り合いを見つけるのは、チームで何かしないとできません。こればっかりは一人でいると絶対にできません。

 そういう、チームでしかできないことをやるのがチームワークの良さなのではないかと思います。

 チームで行動することは、めんどくさいときもあるけど、でも、利点はあります。だから、チーム活動による自分の考えの変化などを考えてみると、いいかもしれません。考えが変わらない時もあるけど、絶対どこかしら変わったときがあります。だから、チームワークが嫌いな人も考え直してみてください。

 

 今回は、チームワークについて書きました。最後までお読みくださりありがとうございました。

 
 
 

LINE WORKS×はてなブログ特別お題キャンペーン #チームワーク

LINE WORKS×はてなブログ特別お題キャンペーン「#チームワーク」を語ろう!
sponsored by LINE WORKS