うぐいすの音

15歳の女子が運営しているブログ。本のレビューなどしていきます。

英検準一級合格しました!

 こんにちは。前回は学校休校についての記事を書きました。私自身もこんがらがった状態で書いたので、内容がわかりづらかったかもしれません。ですが、備忘録として書いておいて良かったかなと思いました。せっかくできた休み…と考えて今のうちにいろいろなことをやっていきたいです!

 

chirpspring.hatenablog.com

 

 

さて、今回は、英検準一級の悔過を報告したいと思います!少し前に、英検の一次試験に合格したという記事を書きました。

 

chirpspring.hatenablog.com

  これまで一次試験の段階で何回も落ちていたので、一次合格は本当に嬉しく、二次試験を受けてもいないのに書いてしまいました(笑) そして、そのあと二次試験を受けて、数日前に結果が返ってきました。

 結果は合格!!本当に良かったです… 何回か書いてますが、今回受けたのが3回目。進路を考える際にも今回受かっていなかったら少しやばいかも…というぐらいの本当に重要な試験でした。「3度目の正直」になって本当に良かったです!「二度ある事は三度ある」になるのでは、と内心ヒヤヒヤしていました。

f:id:chirpspring:20200211200508p:plain

 でも、これでようやく本当の意味で受かって、ひとまず落ち着くことができました。私には、まだ夢がないのですが、将来海外に行けるようになりたいな〜などと思うことがあります。そのため、高校や大学で留学したいね、と親と話していました。その条件として英検準一級合格は必須だと言われていました。今回合格したことで、進路を考える際の選択肢が広がりました。1つステージを上がれた気がします。

 

 私が英検準一級を合格するまでにやったこと… トアして、まとめてみようかと思ったのですが、そこまで参考にはならないかもしれません。なぜなら、劇的に勉強法を変えたということもなく、勉強が十分だったということもないからです。

ですが、一応書いておこうかと思います。

私が合格のためにやったのは「単語練習」が9割を超えています。もともと、イギリス滞在経験もあって、スピーキング、リスニングは学校の先生と何回か練習するのみでした。また、問題を特にしてもライティングの練習をするにも、単語力がないことが明らかでした。何につけても単語が必要だということがわかり、単語練習をやっていました。

 私はとても飽きやすいので、単語練習といっても多分人よりもできていないと思います。だから何回も落ちました。ただ、その中で「絶対これだけはやる!」としたのが、学校での「朝の読書の時間」での勉強です。その時間だけは平日毎日あるし、みんな静かに読書する時間なので勉強がやりやすくなります。だいたい15分間くらいですが、その時間は絶対に英単語をやりました。そして、授業の際は移動授業でも必ず単語長などを持ち歩き、暇な時はやれるような状況にしました。そうすると、「毎回必ず暇なときにやる!」というわけではなくても、目につくのでやらないと罪悪感が生まれます。そうして、できるだけ学校でやれる時はやるようにしました。周りにも英検を受ける人がいたので、その人たちと一緒にいれば自然と私も周りに合わせて勉強するようになったので良かったです。

 私は良くも悪くも周りに合わせるので、英検を受ける人たちと一緒に勉強することで自分の勉強時間を確保していました。もちろん家でもやっていましたが、家だとどうしても気が抜けるので学校で勉強することを意識していました。

 

 そして、勉強に使っていたものですが、私は旺文社の「でる順パス単」シリーズを使っていました。名前通り、頻出度によって単語が出されているので「やった気」になれると思います(笑)

 パス単を使っていても、量が多いのでどこからやればいいのかがある程度進むと分からなくなります。なので、私はルーズリーフに特に間違える単語を書いたり、単語カードを活用したりしました。これも結構王道ですが、王道ならではの良さがありました。やはり、どんなときにでもみれるのは強いです。

 自分でルーズリーフなどで作ると、自分が覚えやすいように作れるのでとてもいいと思います。また、紙なので折りたたんだりしていると結構早くボロボロになります。そういう時は、新しく作り直すとまたやる気が出たり、作り直す時点で単語の復習になっていたりとメリットが結構あるなと思いました。

 

 他には、少し過去問を使ってのライティング、スピーキング対策もやりましたが、やはり一番やったのは単語でした。単語ができていないと本当に何も分からないので、日常的に習慣にしていったほうがいいと思いました。

 

 最後までお読みくださりありがとうございました。今回は、英検準一級合格についての記事を書きました。勉強法…はあまり中身がなくてすいません。とりあえず一息ついて、これからも頑張っていきたいと思います!応援してくださった方や、気にしてくださった方、本当にありがとうございました!