うぐいすの音

15歳の女子が運営しているブログ。本のレビューなどしていきます。

翻訳の時に考えてしまったこと

 こんにちは。この頃は暑いのか寒いのか、台風も近づいてきていて天気があやふやですね… この前は半袖で学校にいると寒くて、みんな「ジャージを持ってきくれば…」と行っていました。

 

f:id:chirpspring:20200905203007p:plain



 今回は、自分の文章を訳していて思ったことを書こうと思います。

 

 私の学校では今年もソーシャルディスタンスに気をつけながら(とは言っていますが本当は…)文化祭をやるのですが、ありがたいことにそこで英文スピーチをやらせてもらえることになりました。私の学校では文化祭で意見文発表と英文スピーチをやっています。去年は意見文発表として男女格差について発表させてもらいました。今年は英文スピーチで同じく男女格差について発表できることになりました!

 

 よく日本語の文章を書くときは、親に見てもらったり直してもらったりもしますが、今回は親の助言のないまま書いてみました。英語でそのまま書いて、それをALTの先生に見せて少しずつ直して書いていきました。それで、文化祭のパンフレットには英文とそれにプラスして訳文も入れるのですが、今回はその訳文を書いている時に思ったことを書いていこうと思います。

 

 私は、翻訳は何回かやったことがありますが、自分の書いた英文をそのまま日本語に翻訳すると言うのは多分初めてのことです。しかもそれがパンフに乗るので、やっぱり気合が入ります…

 それで、自分で割と頑張って訳して日本人の先生に最終チェックしてもらったのですが、割と直されていました。しかしそのうちのいくつかは納得できないもので…

 それはなぜかと言うと、私が意訳した文章が直されていたからです。例えば、It is possibleと言う英文が入っていました。私はその文章を直訳せず、前の文章の内容を少し強めにすることでその文章自体を消しました。それは、「これは可能です」と行った感じの文章が入ることのよって自分の分に違和感が生じると思ったからです。

 しかし、先生は「それは可能です」として文章を入れるべきとおっしゃいました。ここで、パンフレットの狙いにもよりますが、考え方の違いが明らかになったなと思いました。もしも狙いがありのままの直訳の文章を載せることなら、先生の直した分はもちろん正しいです。しかし、私の目指した翻訳は流暢でわかりやすい日本語ということでした。

 

 親は、どちらかというと先生よりで、「英文と訳文の二つを見る生徒もいるだろうから直訳にして先生の言うことを聞いたほうがいい」と言う意見でした。私も、パンフの狙いや生徒にとってのわかりやすさを考えたらそのほうがいいと思いますが、やっぱり違和感というか、読み心地の悪さがぬぐえません。

 なぜなら、その英文は私が書いたものだからです。私の書いたものなので、私が一番その文章の意図や狙いをわかっているはずです。ある程度文章に愛着がある場合は、やっぱりその文章を最高の状態で皆さんに見てもらいたいという気持ちがあります。いくら訳文だとしても、全校生徒に見てもらうことを考えると、読みにくい文章、勢いが直訳のせいで削がれてしまう文章、というのはどうしても嫌だな、と思いました。

 

 明日学校で文化祭のリハがあって、そこに参加するのですが、今現在進行形で役をどうするか悩んでいます…

 最高の状態で文章を書いてそれを見てもらえるのが一番嬉しいです。それでも、直訳の方がわかりやすいかもだし、見てもらう人の英語の勉強にもなるかもしれない。そう考えると、どっちにするべきか本当に悩みます。しかもそういう部分が一つのみではなく複数個あるので、より悩んでしまいます…

 

 文章を翻訳するだけでも、純粋に文章を訳すことで生まれるよさもあれば、意訳によってわかりやすく流暢な文章を書くことによさを見出す人もいます。そのシチュエーションによってどちらがいいのかは変わってきますが、線引きは難しいなと思いました。

 

 詩などの翻訳でも、日本で耳慣れない言葉が出てきたときにそれをどう訳すかは人によって変わってくるそうです。自分の文化に合わせて内容を変えれば、読みやすくはなります。しかし、わざわざ外国文学を読むということは異国情緒を求めてる人もいるはず。また、元の国の文化を無視することにもつながりかねません。どちらに重くを置くのかは本当に難しいと思います。

 

 正直、今回は本当に時間もないので自分で先生に従うか決めなければいけません。難しい判断ですが、しっかり考えて決めたいと思います。

 自分の意訳。フィーリングを優先するのか、「訳文」の目的に合わすのか。わかりませんが、発表するのは英文でなので、とりあえず英文だけでも最高の状態でお届けしていきたいと思います!

 

 ということで、今回は考えたことについてさらっと書いていきました!皆さんはどう思いますか?

 

 最後までお読みくださりありがとうございました。私の街にもコロナが近づいているので、文化祭がしっかり行えるかはとても不安ですが、ちゃんと準備していきたいです!ちなみに、少し前に哲学関係のイベントに参加してきたのでその感想を今書いている最中です!描き終わったら投稿するので、ぜひそちらも読んでいってください!