うぐいすの音

15歳の女子が運営しているブログ。本のレビューなどしていきます。

『アンと愛情〜和菓子のアンシリーズ〜』を読んでみました!

 こんにちは!今回は、とても久しぶりにブクレポをしていこうと思います!

私が読んだのは、「和菓子のアン」シリーズの三作目である、「アンと愛情」です。今気づいたのですが、私このシリーズの本を今までブクレポしてこなかったんですね…

母娘揃って好きなシリーズなので、今まで書いてこなかったことに少し驚きました。とりあえず、シリーズの概要を書いていこうと思います。

 

f:id:chirpspring:20201228222441p:plain

 

 「和菓子のアン」シリーズは、坂木司さんによって書かれているシリーズで、デパートの和菓子売り場で働く「アンちゃん」を主人公としている物語です。物語は、一応ミステリーで、Wikipediaによると

作者の坂木は、舞台をデパ地下とする和菓子ミステリーは記憶にないので、これを題材にしたと述べている[4]

といった理由だったらしいです。確かに和菓子ミステリーというのは読んだことがないので、新鮮でした。

 私はもともと茶道を習う部活に1年間いたので、その時期に一週間に何回か和菓子を食べる機会がありました。それがきっかけで(もともと好きでしたが)和菓子がさらに好きになり、特に上生菓子と羊羹をスーパーでも探すまでになりました。私がハマる=親が買ってくれる=親も食べる、ということで、私の母親も和菓子を好むようになってくれて、私以上に和菓子に詳しくなってくれました。

そういう経緯もあり、私と母親は割と上生菓子が好きなのですが、だからこそこの「和菓子ミステリー」を見つけた時は驚きました。和菓子とミステリー… どんな風になるのか不思議でしたが、読んでみたら出てくるお菓子が全部美味しそうで、読むのを止められません!

 

 主人公のアンちゃんは、高校卒業後、特に大学に行きたくもない…、やりたいこともない…、と、家に住み着いてバイトをしている「無気力な」女性です。お菓子好きなアンちゃんはデパ地下の和菓子売り場で働くようになり、そこで和菓子の知識を身につけたり、周りの人との関係を築いたりしていきます。

 「ミステリー」とあるように、確かに物語の中にはいくつかの謎dが出てきます

それは全て和菓子に関連していて、大抵はアンちゃんとバイト仲間が和菓子について調べ、考えることで謎は解決されます。人が死ぬような重いものではなく、日常で起こるすれ違いやちょっとした関係の悪化から起こるものがほとんどなので、血生臭いものが苦手んは糸でも全然平気なはずです。

 シリーズは今のところ3巻。「和菓子のアン」、「アンと青春」、そして新作の「アンと愛情」です。

 

 この作品「アンと愛情」では、成人式やバレンタインなどの行事を通して、アンが色々なことについて悩み、複雑になった心を和菓子と周りの人によって解いていきます。

 印象深かったのは、バレンタイン時期の話です。

多忙となるバレンタイン時期の催事場に、アンと同い年の桐生さんが助っ人にきます。桐生さんはもともと空港勤務だったこともあり、とても効率的でテキパキとした仕事ぶりです。それに比べてアンはとろく、「お客さんと話している間に2、3人のお客さんを逃している」と桐生さんに言われるほどです。

 

 でも、空港とデパートの催事場は全く性質が違う。それなら、その性質の違いにより売り方にも違いがあってしかるべきだ。相手が求めているものに合わせた働き方が重要なのであって、どちらがいいかどちらが悪いかは決められない。

 

といった正論によってその場を解決するのが和菓子売り場「みつや」の椿店長です。こういう、間違いをビシッと正してくれるような大人が近くにいるのは少し羨ましいな〜とも思います。そして、その椿店長に流れる退職の噂…

 といったように、どんどん話が繋がって一巻が構成されていきます。

 

 この本では、単純に和菓子の歴史、詳細が多く乗っているので、とても勉強になります。せんべいのルーツ、その和菓子がどう生まれたのか、どう親しまれてきたのか、考えもしなかったことが暴かれます。学ぶことが多いです。

 そして、物語を読みやすくしているのがラノベによくある「すごいキャラ設定」。主人公のだらしなさと、正社員の立花さん(男性)の乙女キャラは、物語を進める上でキーにもなってきています。

 でも、一見真面目そうに見えて私服がキテレツで、株マニアという設定や、大学在学中の可愛い女子大生と思ったら元ヤンだった、という設定など、ここまでやるか…といった設定が各所にあります。だからこそ、普段小難しい本を読まない人や飽きやすい人は、それがスパイスになって読みやすいのかなと思いました。

 

  一応恋愛要素も入っていて、3巻ではそれがかなりあらわになってきているのですが、2人とも奥手だから話が進まない… 早くこのシリーズでときめきを感じたいです!!!(笑)

 

 好きなシリーズの一つなので、早く続きが読みたいです!!

 

最後までお読みくださりありがとうございました。本当に和菓子を食べたくなるような作品nなので、ぜひ読んでみてください!