うぐいすの音

15歳の女子が運営しているブログ。本のレビューなどしていきます。

V6、大好きです。ありがとう!

はてなブログ10周年特別お題「私が◯◯にハマる10の理由

 

こんにちは。みなさん今日もお疲れ様です!

 

今日は、はてなブログのお題「私が〇〇にハマる10の理由」を書いていこうと思います。

このブログが公開されるのは11月1日。なんの日かご存知ですか?

 

V6が26年の活動に幕を下ろす日です。この日をもって、V6は解散します。

 

 

私はV6が大好きです。今日は、V6にハマった10の理由を書いていこうと思います。

 

目次

 

 

1. 初めてみた楽曲とPV

 

まずは、本当にV6にハマるきっかけとなった歌を紹介します。

 

『ある日願いが叶ったんだ』YouTube verです。


www.youtube.com

 

ステイホーム期間に、暇だった私はずっとYouTubeやらアニメやらをみていました。

その時に、V6が映像を一挙公開中と聞き、一番上にあったものを押しました。

確か3月で、この歌に突然ハマり、そこからV6を聞くようになりました。

だから、本当に「ハマった理由」となった直接的な原因です。

 

 

2. 幅広い音楽性

 

これは、何らかのアーティストを好きな人なら色々な人が言う言葉だと思います。

V6も例に漏れず、さまざまな形の音楽を出しています。

ロック調の強い初期の曲、

爆発的ヒットを誇る「愛なんだ」「ワになっておどろう」などの柔らかい雰囲気の歌、

アイドル系の歌、

強めの歌、

ラップ味の強い歌、

色気のある歌、

バラード、

洋楽の雰囲気も持つ歌…。

 

私が歌に詳しくなく説明が下手ですが、本当に色々なジャンルの歌があります。

テレビでは一部の歌を披露することが多いですが、実際に見てみるととても多様。

ラストシングルとなるであろう『雨』でも、新たなV6を見せてくれました。

 

 

3. ダンス

 

SnowManやTravisJapanなど、ダンスがすごいと言われるグループはたくさんあります。

 

でも、V6も全然負けていないと思うんです。

もちろんデビュー当初の映像を見ても、みなさんのダンスの凄さが分かります。

リーダーの坂本昌行さんや、森田剛さんなどの昔のダンス映像も何回か見たことがありますが、「すごいうまいな〜(超素人なので、こんなセリフでごめんなさい)」と思います。

 

それに加えて、どんどん成長して行っている姿だ素敵です。

三宅健くんが、自分で一般のダンススタジオに通って、苦手意識のあったダンスを習ったのも有名な話です。

無駄のない動きかたなども、歳をとってから身につけた、とメンバー自身がいっています。

 

また、『雨』を見てもらうとよくわかると思いますが、その表現力も半端ないな、と思います。背筋が思わずぞくっとするんです。

All For YouやRight Nowなどのアクセントの強いダンスも好きですし、Keep Goingなどのバリバリに踊るものも好きです。

Sparkのアイドルしているサビのフリも好きだし、もちろんロックダンスを使った振り付けも好きです。

全部好き!

 

 

4. 歌詞

 

歌詞が好きです。

特に最近の曲は、メッセージ性が強いのもあれば癒される歌詞も多く、歌詞を見ながら聴いたりもしています。

 

『ナミダの跡が消える頃』『Maybe』などの恋愛系の歌詞。

『COLORS』『Beautiful World』『Super Powers』『ある日願いが叶ったんだ』などの曲も元気付けられる歌詞です。

全体的にアルバム『The ONEs』の歌詞は好きです。

 

辛い時に元気を出してもらえる歌詞、

頑張っている時に後押ししてくれる曲、

周りのみんなを思い出させてくれる曲、

辛かったことを乗り越えようという気持ちにしてくれる曲、、

あげていったらキリがありません。

 

ふとした時に、もしくは何かのきっかけで、聞こうと思える曲があるって幸せだな、と思います。

 

 

5. 声

声が好きです。

もう、これに限ります。

 

坂本くんといのっちはフェイクも入れられて、ただただ圧倒的に歌がうまい。

坂本くんのソロ曲とかもう最高…。

 

長野くんはトニセンの中ではどちらかというと高音。

アイドルらしさを出してくれる優しい、ハモリの綺麗な声だと思います。

 

カミセンでは、剛健コンビがラップをよく担当しています。

甘い歌声の剛くんに、アクセントとにもなる声の健くん。どちらも高音です!

岡田くんは、存在感のある声でカミセンの歌となると低音をカバーしてくれている木がいます!

ライブ映像を見ていてもとても声量が出ていて、安心して聴いています。

 

全員歌が本当に綺麗で、ライブで披露していたアカペラなどもとても好きでした!

それぞれの6人が重なると、個性豊かな声なのに綺麗にまとまって、それを聞くのがたまらないです。

 

 

6. ファンを大事にしてくれるところ

 

V6はファンのみんなを大事にしてくれます。

もちろん、全部のアーティストがそうだと思いますが、あまりV6を好きになって長くない私でもよく感じます。

 

例えば、アクスタ(アクリルスタンド)で健くんがアクスタの使い方をバッチリわかった上でのポーズをとっていたり、ライブでのファンサがすごかったり。

ある時のライブでは、抽選で当たったファン一名をステージ上に連れ出し、メンバーが至近距離で歌ったりファンサしたりしています。

 

また、歳をとってもカメラに向かってアピールしてくれるところも。

坂本くんなどは、指差しやウィンク、目線など、ファンが欲しいものをくれるな〜と言う印象があります。

もちろん三宅くん・坂本くんに限らず、みんな需要をわかっているんですよね…

 

ファンがどうしたら喜んでくれるか、そういったことを考えてくださって、いつもファンに驚きと喜びを与えてくれます。

ちなみに、avexの方々もファンがV6に恩返しする方法を下さるので、ありがたいです!

 

7. それぞれのメンバー

 

メンバー全員が好きです。

推しを聞かれたら三宅健くん、と答えますが、全員のメンバーが好きです。

いろいろなところで言われるように、V6はそれぞれがそれぞれの道で活動しています。

坂本くんはミュージカル、

長野くんは料理番組、

いのっちはMC、

剛くんは舞台、

健くんは舞台や手話、

岡田くんは映画。

 

それぞれがそれぞれの好きなことをやって、そこで学んだことをV6に持ち帰ったり、その逆を行ったりしています。

本当に、努力を続けて自分の道をV6の中で見つけています。

その姿を尊敬しているし、そう言う人たちに会えたことも嬉しいな、と思っています。

 

もちろん、どこかポンコツな6人も大好きです!

 

 

8. メンバーの関係性

 

先程の内容と少しかぶりますが、V6のメンバーは四六時中一緒に活動しているわけではありません。

それぞれがそれぞれの仕事に専念するときも多くあります。

でも、一年に一回はシングルを出してくれるし、V6としての姿も見せてくれます。

 

そんな時に見える、V6ならではの関係性。

色々なところでミュージカルに出て歌唱力を認められてるのにちょっと不憫なリーダーとか、

いつもは大俳優として活躍しているのに何故かV6に戻ると気遣い屋の末っ子に戻る岡田くんとか、

自分からV6の太陽って言って、それを誰にも否定されない健くんとか、

そんなV6の中で見える関係性にほっこりします。

それに、全員が全員を尊敬しているのも伝わってくるのがいいんです!

 

9. 守りに入らないところ

 

これは、特に解散が決まってから出した楽曲等で感じます。

今までの曲をまとめるような、活動をたたむための曲を出してくるのかと思ったら、新しいジャンルをどんどん開拓していっているんです。

 

magic groove carpetとか、雨とか、Pinappleとか、新しい姿を垣間見た、と思う楽曲が多くあります。

今までは、新しい姿を見せてくれることが普通のように思っていましたが、

終わりがあると意識してからはこういった風に新しい姿を見せてくれることが

本当にありがたいし、嬉しいです。

 

守りに入らず、ずっと新しいことに挑戦していくV6が大好きです!

25周年ライブを見ても、今までのヒット曲をどんどん歌っていくのかと思ったら、等身大の「今」の姿を見せてくれています。

それはすごいことだと思うし、これからもう「今」が見られなくなると思うと悲しい気持ちももちろんあります。

 

10. 26年間の歩み

 

彼らのCDデビューは、1995年の11月1日です。

26年間6人で音楽活動をするって、並大抵のことではないと思います。

この26年の間、大きな問題も起こさず、活動が止まることもなく、6人で歩いてきました。

 

その、6人で作ってきた26年の歴史(大袈裟にも聞こえますが、四半世紀+自分の人生の二倍近くなんですよね…)を今振り返って見られることが嬉しいです。

ファンだからと言うのもあると思いますが、贔屓目を抜いても26年間同じものを続けてきたって本当にすごくないですか?

それぞれのグループの良さはもちろんありますが、26年続けてきたグループってジャニーズにはあまりないんです。

 

そんな中で活動を続けてきて、ずっと安定してきた「V6兄さん」、その26年間で出してきた歌も、踊りも、全部好きです。

まだ26年の歴史の中でほんの少ししか寄り添えていませんし、全てを知っているわけではありませんが、それでもある程度は見られたつもりです。

 

ファンクラブにも入れていませんし、いっぱいお金を使えるわけではありません。もしも自分で稼いでいて、使えるお金があればもちろん入っていたと思います。

だけど、今の時点でオタ活にいっぱいお金を使えるわけではないので、あまり円盤を買えてはいないんです。

53rd シングル『僕らはまだ』からは買っていますが、11月1日のライブは見ないつもりでいます(書いているのは11月1日前です)。

 

ライブ円盤を買いたいので、ライブも直に見ていると見ると少し負担が…。

同じ時間を過ごせるのは今回しかないと分かってはいるので、もしかしたらもしかしたら直前で変えるかも知れません。

どうにかしたいな、と思っています。

 

実際に買ったもの、見たものとしては少ないかもしれませんが、それでも好きなのに間違いはありません。

大好きだったし、これからも大好きです。

 

 

 

最後に

 

まさかジャニーズにこんなにハマるなんて、一年半前は思っていませんでした。

V6を好きになってから、ジャニーズをしっかり好きになったんです。

新しい世界を教えてくれたし、新しく没頭できるものを教えてくれました。

本当に感謝しているし、尊敬しているし、もっと一緒に時間を過ごしたかった気持ちもあります。

でも、V6が完成するまでは(以前曲で「僕らはまだ未完成で」という歌詞を出しました)悲しい気持ちは抑えて、応援していきたいです!

 

11月1日を過ぎたらかなり喪失感に苛まれると思いますが、嵐の活動休止の時もなんとかなったから、なんとかなると思っていきたいです!

 

今は悲しくなると断定していますが、その後6人がどういった活動をしていくのかは私たちにはわかりません。

それぞれが個人の方法で表現したものを見せてくれるかもしれません。

 

どうなるかはわからないし、私自身もどう感じるかわからない。

だけど、わからないことを考えるよりも、今精一杯V6を見て、応援することが大切だと思います。

 

 

言いたいことはいっぱいあるんですが、色々書いていたら助長された文章になってしまいそう(既になっていますね…)なので、これくらいで終わりにします。

 

本当に、ありがとうございました。

V6のおかげで、楽しい気持ちになれたし、立ち直ることができたし、自信を持つことができたし、リフレッシュできました。

大好きです、これからもそれぞれのやりたいことをやって、幸せな人生にしてください。

リーダー、長野くん、いのっち、剛くん、健くん、岡田くん、

応援しています!!

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。この前ブログを読んでくれた友達が、「オタク爆発してるね…」といっているので、これ以上オタク爆発させてどうすんだと言う気持ちもありますが、まあ今回は仕方がないです。本当に大好きなグループなんです。ありがとうございました。