うぐいすの音

15歳の女子が運営しているブログ。本のレビューなどしていきます。

太宰治 まとめ記事 随時更新していきます。

 こんにちは。今日は、外に来ているため時間がありません…。なので、最近作らなきゃなと思っていた記事を書いていこうと思います。

f:id:chirpspring:20210713120906p:plain

 この頃、私は太宰治の作品にハマっています。

 まだ5個を少し超えたぐらいですが、多分これからも割と多く太宰の作品の記事を書いていくと思います。数週間は続くかな。だから、その割合でやっていくと太宰の記事がとても多くなってしまいます。

なので、太宰治の作品の感想を書いたものをまとめようと思っていました。はてなブログについている「カテゴリー」を利用するのもいいですが、さすがにそれだと用意する場所が大きくなりすぎる気がするので、それならまとめ記事を作ろう!と思ってこの記事を書いています。

 

 それでは、私の思う太宰の今のところの魅力をいくつか手短にかき、その後で記事をはっていきます。飛ばしたい方は目次で飛ばしてください!

 

 

目次

 

 

 

太宰治の、私が好きなところ、よく思うことなど

 

 太宰作品は、ほとんど2回から3回以上読んでいます。中には、1回読んであとは時間がないので少しずつ…というときもありますが、大抵は2回かな。

一番最初に触れたのは、『走れメロス』。

そのあとに『人間失格』です。

人間失格』は、中一の時に初めてしっかり力を入れた読書感想文を書いたので、とても記憶に残っています。あの本は強烈でした…。

 

 太宰の作品に対して時々抱く印象があります。

それが、「気持ち悪い」ということ。

生理的に受け付けられない何かが書かれている、そんな印象を受ける時があります。

少しわかる気もしなくはないけど、気が狂っているのか?と思わず思いたくなるような印象です。

 

 『人間失格』なんかはその代表格ですね。さらに、『おさん』という作品や、『饗応夫人』という作品などもそうでした。

 

 ただ、この「気持ち悪い」というのは決して貶し言葉ではないんです。

貶しているのではなく、むしろ尊敬しています。

「気持ち悪い」と強く思うことは、つまりそれだけの印象を本が私たちに与えているということに他なりません。

とくに心が動かされなければ、あまり気持ち悪いだの面白いだのの印象はつかないものです。だから、たとえそれがマイナスの方向でも、心が強く動かされる文章だということ。

 

そして、それに加えて、「気持ち悪い」と思った作品は、大抵読み込んでいくと面白いんです。

これは、なんでかよくわかりません。

でも、上のあげた三作を含め、そのほかの本でも、気持ち悪いと思った本は大抵「主人公は、こういう心の動きがあったのかな。こう思っていたのかな」などの読み取りがしやすく、どういった作品なのかがつかみやすいし、さらにそれがとても面白いです。

だから、最初は「気持ち悪い」作品は苦手ですが、今は「アタリだ」と思うようになってきています。

 

 

 

 そして、よく思うこと。

太宰って、本当に文章を書くのがうまいですよね。

走れメロス』は、実際のスピードを当時の日没等を考えて計算すると、全然早くないんです。

途中で寝たり川渡ったりもしていますし。なのに、あんなに早く走っているように見える。それはなぜかというと、ひとえに太宰の文章力でしょう。どうやって書いているからあんなに早く見えるのか。文の長さや、文体、そして比喩表現など、見つけられることはいっぱいあります。

 

 また、この前『女生徒』などの女語りの作品を読みましたが、あれには本当にびっくりしました。

太宰が「いい男」をかくなんて思ってもいませんでしたし、あんなに「柔らかい」小説を書けるなんて初めて知りました。イメージがガラッと変わった気がします。

本当に面白いですね…。『女生徒』の印象は強かったです。

あんなにたくさんの形の文章があるって、今まで「文豪」を敬遠してきたことが悔やまれるほどの驚きです…。

 

 

 今のところ、短編でそれぞれ好きな作品は多くありますが、割と晩年の頃の作品が好きです。

『桜桃』や『父』『母』『家庭の幸福』『親友交歓』など…。全部が大好きというわけではないですが、

どの時期が好き?と言われると晩年の作品が好き、と答えたくなります。

まだ全部を読んでいるわけではないので、なんとも言えませんが…。

 

 晩年の作品は暗いですが、自分自身を投影しているようなものも多く、こんなことをこの人は思っていたんだな、そしてあんな最後を迎えたんだな、と想像を膨らましやすい気がします。

だから、そういったところも含めて好きなのかも。

また、今までのように深く読み込まなくても、かなり直線的に書いているものもあるので、そこらへんも面白いです。

 

 

 

記事の一覧(随時更新)

 それでは、ここから下は記事の一覧となります。ぜひ気になったものがあったら、クリックしてみてください!順番は、記事にした順(古い順)です。

 

 

短編集『女生徒』含む7編

chirpspring.hatenablog.com

chirpspring.hatenablog.com

chirpspring.hatenablog.com

chirpspring.hatenablog.com

chirpspring.hatenablog.com

 

 

短編集『ヴィヨンの妻』含む8編(『おさん』と重複あり)

chirpspring.hatenablog.com

 

 

chirpspring.hatenablog.com

chirpspring.hatenablog.com

chirpspring.hatenablog.com

 

 

chirpspring.hatenablog.com

chirpspring.hatenablog.com

 

 

短編集『走れメロス』含む8編(『女生徒』と重複あり)

 

chirpspring.hatenablog.com

chirpspring.hatenablog.com

chirpspring.hatenablog.com

 

 

chirpspring.hatenablog.com

chirpspring.hatenablog.com

chirpspring.hatenablog.com

chirpspring.hatenablog.com

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。投稿現在はまだまだ少ないですが、これから増やしていけるよう頑張ります!